さまざまな避妊法

望まない妊娠をふせぐために

現在、日本で用いられている避妊法にはさまざまな種類がありますが、それぞれの年齢や生活環境、将来の出産予定、パートナーの協力度などによって、より自分に適した避妊法があります。自分のカラダのことやパートナーとのライフスタイルを考えながら、無理なく確実な方法を選ぶことが大切です。

さまざまな避妊法 一覧表

スペース IUS IUD OC コンドーム リズム法 避妊手術
どんなもの? IUS(子宮内システム)は子宮の中に入れる小さな器具で、黄体ホルモンを放出するタイプ。一度の挿入で最長5年間、効果の高い避妊ができる IUD(子宮内避妊用具)は子宮の中に入れる小さな器具。避妊効果を高めるために銅がついているものもある。一度の挿入で2~5年間、避妊ができる OC(低用量経口避妊薬または低用量ピル)は女性ホルモンを含んだ薬剤。正しく服用することで効果の高い避妊ができる 男性の性器にかぶせるゴム製の袋で、精子の腟内への放出を防ぐ方法 基礎体温を測定することにより、排卵期を知り、避妊の目安にする方法 女性の場合は卵管、男性の場合は精管を糸で結ぶか切断して、卵子や精子の通路を遮断する方法
メリット
  • 女性主体で避妊できる
  • 生理の量が減り、生理痛が軽くなる
  • 薬の飲み忘れがない
  • 女性主体で避妊できる
  • 授乳中でも使用できる
  • 薬の飲み忘れがない
  • 女性主体で避妊できる
  • 月経周期が規則的になる
  • 生理の量が減り、生理痛が軽くなる
  • 性感染症が予防できる
  • 手軽に入手できる
  • 副作用がない
  • 自分の月経周期を把握できる
  • ほぼ確実に避妊できる
デメリット
  • 挿入後数ヵ月間は生理以外の出血が続くことがあるが、時間とともに、日数や量は少なくなる
  • 医師による装着、除去が必要
  • 生理の量が増えることがある
  • 医師による装着、除去が必要
  • 医師による処方が必要
  • 毎日服用する必要がある
  • 装着ミス、ズレ、破損などによる失敗率も高い
  • 毎朝きちんと体温を測定を測定する必要がある
  • 発熱、過労、ストレスなどで基礎体温が変動し、排卵期が見つけにくくなる場合がある
  • 手術が必要。妊娠の機能の回復が難しい
購入方法 婦人科で処方してもらう 婦人科で挿入してもらう 婦人科で処方してもらう 薬局、コンビ二などで購入できる 婦人体温計は薬局などで購入できる 医療機関で処置してもらう
使用開始 年間の失敗率 理想的な使用★ 0.2% 0.6% 0.3% 2% 0.4~5% 女0.5%男0.10%
一般的な使用★★ 0.2% 0.8% 9% 18% 24% 女0.5%男0.15%

★:選んだ避妊法を正しく続けて使用しているにもかかわらず妊娠してしまった場合。
★★:選んだ避妊法を使用しているにもかかわらず妊娠してしまった場合(経口避妊薬については、飲み忘れを含めた場合の失敗率)
Contraceptive Technology, 20 ed,. Ardent Media, 2011 Table3-2 改変 http://www.contraceptivetechnology.org/CTFailureTable.pdf
※注記:どんな避妊法も100%の避妊効果はありません。

これも避妊…?

スペース 腟外射精 禁欲
どんなもの? 射精の前に男性の性器を腟から抜き、腟の外で射精すること。 セックスを我慢すること。
メリット 副作用などがない。 絶対に妊娠しない。
デメリット 避妊に失敗する可能性が高い。 セックスしたくても我慢しなくてはいけない。
購入方法 なし なし

緊急避妊法って?

緊急避妊法は、避妊に失敗したあるいは避妊がなされなかった性交やレイプなどによる妊娠を防ぐために、緊急的に用いられる最後の方法です。
性交後72時間以内に黄体ホルモンを含んだ薬剤を服用することで、妊娠を防ぐことはできますが、その割合は81%、100%ではありません。あくまでも緊急的に用いる方法ですから、望まない妊娠を防ぐためには、自分に適した避妊を選ぶことが大切です。

購入方法 婦人科で処方してもらう

ページトップへ戻る