• 避妊のメカニズム
  • コンドームの使用に際して
  • コンドームの疑問

コンドームによる避妊

コンドームは、避妊と性感染症予防を目的とした避妊具です。薬局やコンビニでも購入でき、多くの人に使用されています。性感染症予防にも役立ち、他の避妊法と併せて使用することができます。

避妊のメカニズム

ふむふむ

コンドームイメージ

男性の性器にゴム製などの袋をかぶせて、射精した精液に含まれる精子が、女性の腟内から子宮へと進入するのを防ぐことで避妊します。

コンドームの歴史

どんぶらこ

コンドームは、初期エジプト王朝時代に動物(ヤギ、ブタ)の盲腸、膀胱が使用されたのが始まりという説もありますが、16世紀頃にイタリアのG.ファロピオが、リネンの布でペニスをおおって、性病の予防用に考案したといわれています。
以降、コンドームの材料には羊の盲腸や魚の浮き袋が用いられていましたが、ラテックスゴムの発明後は、長きに渡ってゴムが使用されています。現在ではポリウレタン製のものあり、材質、薄さ、サイズなどさままな種類があります。

ページトップへ戻る