• 避妊のメカニズム
  • IUDの使用に際して
  • IUDのメリットとデメリット
  • IUDの疑問

IUDによる避妊

IUD(子宮内避妊用具)とはIntrauterine deviceの略で、避妊の目的で子宮内に装着する小さな器具のことです。IUDは一度装着すれば、数年にわたり避妊が可能なので、出産経験があり、長期の避妊を望む女性に適しています。IUDには銅が付加されているもの、されていないものなどいくつか種類があります。銅が付加されている銅付加IUDは避妊効果が高いことで知られていることから、IUDのコンテンツでは銅付加IUD(IUD)を中心に学びましょう。

銅付加IUD(IUD)での避妊を考えている、みなさんの質問にお答えします。

q1

IUDで必ず避妊ができるの?また、いつから避妊効果があるの?

A1

IUDは高い避妊効果があります。報告によって異なりますが、正しく使用した場合の1年間に妊娠する確率は、0.6~0.8%といわれています。なお、避妊効果は装着後すぐに得られます。


出典:Contraceptive Technology,20 ed., Ardent Media,2011 Table3-2 改変 http://www.contraceptivetechnology.org
/CTFailureTable.pdf

q2

IUDにはどんな作用があるの?

A2

IUDは、子宮の中の環境を変えることによって受精卵が子宮内膜(赤ちゃんのベットになるところ)に着床(妊娠の成立)するのを妨げる、精子の運動性を抑える、精子と卵子の受精を妨げる働きがあり、高い避妊効果を発揮します。

q3

どのくらいの期間、避妊できるの?

A3

製品によって異なりますが、一度挿入すれば数年間は避妊効果が持続します。銅付加IUDは銅の量が減ってくるので、決められた装着期間内に交換が必要となります。長期にわたり入れたままにしておくと、位置がずれたりすることがありますので、定期検診を受けるようにしましょう。

q4

妊娠したくなったらどうすればいいの?

A4

医師によってIUDを取り出すことにより、挿入前の状態に戻るので妊娠は可能になります。

q5

IUDを装着していても授乳できるの?

A2

IUDを装着していることで、母乳の出が悪くなったり、その成分に影響を及ぼしたりすることはありませんので、授乳することができます。

q6

IUDは性交に影響する?

A6

IUDが性交に影響することはありません。もし、性交時に違和感がある場合はIUDが正しい位置に装着されていない可能性がありますので、性交を避け医師に相談してください。

q7

IUDを挿入する時、痛みはあるの?

A7

IUDを挿入する時は、痛みや出血が起こるときがあります。

q8

IUDを挿入した後、生理に影響はあるの?

A8

IUDを挿入した後、生理の量が増えることがあります。

ページトップへ戻る