• 避妊のメカニズム
  • IUSの使用に際して
  • IUSのメリットとデメリット
  • IUSの疑問

iusによる避妊

IUSとはIntrauterine Contraceptive Systemの略で、黄体ホルモンを子宮の中に持続的に放出する子宮内システムです。OC(低用量経口避妊薬)の高い避妊効果と、IUD(子宮内避妊用具)の長期にわたる避妊という2つの特徴を併せもっています。一度の装着で長期(最長5年)の避妊ができ、生理の量も少なくなります。

避妊のメカニズム

IUSは子宮内膜(赤ちゃんのベットになるところ)に作用して内膜が薄くなり、受精卵の着床(妊娠の成立)を妨げたり、子宮の入口の粘液を変化させて精子が腟の中から子宮内へ進入するのを妨げたりすることで避妊効果を発揮します。

子宮内に装着されたIUS

IUDとIUS

IUD(子宮内避妊用具)はIntrauterine deviceの略で避妊の目的で子宮内に装着する小さな器具です。IUDにはいくつかの種類がありますが、薬剤(黄体ホルモン)が付加されているのがIUSです。

IUDとIUSの違い

IUD

IUDは、子宮の中の環境を変えることによって受精卵が子宮内膜(赤ちゃんのベットになるところ)に着床(妊娠の成立)するのを妨げ、妊娠を防ぎます。さらに銅付加IUDは、精子の運動性を抑える、また、精子と卵子の受精を妨げる働きもあり、高い避妊効果を発揮します。 IUD装着後は生理の量が増えることがあります。

IUS

IUSが子宮内に装着されると、付加された薬剤(黄体ホルモン)が子宮の中で少しずつ放出されます。この黄体ホルモンは子宮内膜の増殖を抑える働きがあるため、内膜はうすい状態になります。そのため、IUDとは異なり、生理の量が少なくなります。

子宮内膜の変化

ページトップへ戻る