• 避妊のメカニズム
  • IUSの使用に際して
  • IUSのメリットとデメリット
  • IUSの疑問

iusによる避妊

IUSとはIntrauterine Contraceptive Systemの略で、黄体ホルモンを子宮の中に持続的に放出する子宮内システムです。OC(低用量経口避妊薬)の高い避妊効果と、IUD(子宮内避妊用具)の長期にわたる避妊という2つの特徴を併せもっています。一度の装着で長期(最長5年)の避妊ができ、生理の量も少なくなります。

IUSのメリットとデメリット

なるほど~

IUSの「良き」も「悪しき」も理解する

IUSは一度装着すれば、最長5年間にわたり避妊が可能です。
メリットやデメリットなどを含めた特徴をよく理解したうえで、
あなたにあった避妊法を選びましょう。

IUSのメリット

  • 女性主体で避妊ができる
  • 一度の装着で、長期の避妊が可能
  • 毎日、避妊のことを考える必要がない
  • 生理の量が減り、生理痛を緩和する
  • 全身へのホルモン作用が少ない

IUSのデメリット

  • 医師による装着、除去が必要である
  • 装着後初期に生理時期以外の出血が
    続くことがある

IUSの副作用について

IUSを装着すると、下記のような副作用が起こることがあります。症状がひどい場合や長く続くときは医師に相談してください。

  • 月経出血日数の延長
  • 月経周期の変化
  • 卵巣のう胞(通常はホルモン変化に伴う一時的なもの)
  • IUS除去後の出血
  • 月経時期以外の出血
  • 腹痛 など

その他、骨盤内炎症性疾患、子宮外妊娠、IUSの脱出・穿孔にも注意する必要があります。発熱、下腹部痛、おりものの異常、急な出血、疼痛、性交痛、急な腹部膨満感、下腹部痛(圧痛)などの症状があった場合は、直ちに受診してください。また、下腹部痛を伴う生理の遅れがあった場合、無月経の人で出血が始まった場合は、頻度は低いものの子宮外妊娠の可能性もあり、早期の処置が必要となりますので、直ちに受診してください。

IUSの穿孔(せんこう):まれにIUSが子宮壁に入ってしまうことがあります。

IUSが適している女性・適さない女性・注意が必要な女性

IUSが適している女性・適さない女性イメージ

IUSが適している女性

  • これ以上妊娠を希望しない女性
  • 次の出産まで期間をあけたい女性
  • 長期にわたり避妊を望む女性

IUSが適さない女性

  • IUSの成分に対して過敏症がある
  • 性器癌、黄体ホルモン依存性腫瘍にかかっている、またはその疑いがあるといわれたことがある
  • 生理以外の異常な性器出血がある
  • 医師に子宮の形や位置に異常があるといわれたことがある(子宮腔の変形があるような子宮筋腫を含む)
  • 性器感染症(子宮内膜炎、卵管炎など)がある
  • 過去3ヶ月以内に性感染症にかかったことがある
  • 子宮頸管炎または腟炎にかかっている
  • 現在、骨盤内炎症疾患(PID)にかかっている、または何回もPIDを繰り返している
  • 過去3ヵ月に分娩後子宮内膜炎または感染性流産を経験したことがある
  • 子宮外妊娠を経験したことがある
  • IUS、IUD(子宮内避妊用具)挿入時や子宮の出口(頸管)を拡張する時に強い痛みがあったり、脈が遅くなったことがある
  • 重い肝障害または肝腫瘍がある
  • 現在妊娠している、または妊娠している可能性がある

上記のような症状や状態の人はIUSが使用できない場合があります。詳しくは医師に相談してください。

IUSの使用に際して注意が必要な女性

以下の項目に1つでもあてはまる場合は、IUSを挿入する前に必ず医師に報告してください。

  • 先天性の心疾患または心臓弁膜症がある
  • 糖尿病である
  • 肝障害がある
  • 出産経験がない
  • てんかんがある
  • 副腎皮膚ホルモンの長期投与療法を受けている
  • 授乳中である

妊娠したくなったら?

医師によってIUSを取り出すことにより、挿入前の状態に戻るので、妊娠は可能になります。

ページトップへ戻る