• 避妊のメカニズム
  • OCの服用方法
  • OCのメリットとデメリット
  • OCの疑問

OCによる避妊

OCとはOral Contraceptivesの略で低用量経口避妊薬または低用量ピルのことをいいます。OCには合成された卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)が含まれています。正しく服用することで効果の高い避妊ができます。

OCのメリットとデメリット

OCの「良き」も「悪しき」も理解する

OCは排卵を抑制する、子宮内膜を変化させる、子宮頸管の粘液を変化させるなど3つの働きにより高い避妊効果を発揮します。メリットやデメリットなどを含めた特徴をよく理解したうえで、「アナタの避妊法」としてお選びください。

なるほど~

OCのメリット

  • 女性主体で避妊ができる
  • 正しく服用すれば、ほぼ100%の避妊ができる
  • 月経周期が規則的になる
  • 生理の量が減り、生理痛が軽くなる

OCのデメリット

  • 医師による処方が必要である
  • 毎日服薬する必要がある
  • 服薬初期にマイナートラブル(主な副作用)がある

OCの副作用について

OC=副作用というイメージをもっていませんか?もしそう感じているなら、それはホルモン量が多かったOCが誕生した1960年代頃のことです。最近のOCは当時の数分の1とホルモン量が少ないので、副作用が抑えられ、太ったりすることもほとんどありません。

主な
マイナートラブル

  • 吐き気
  • 胸がはる
  • 頭痛
  • 下腹部痛
  • など

OCを服用している女性ではまれに血栓症が起こることがありますので、服用にあたっては医師から
血栓症について十分な説明を受けてください。

まえぶれとなる症状

血管内に血のかたまり(血栓)が詰まる病気で医療機関での早急な対応が必要です。
血栓症には静脈血栓症と、動脈血栓症があり、静脈血栓症としては深部静脈血栓症・肺塞栓症があります。
飛行機内であまり足を動かせないことと関係して発症する深部静脈血栓症や肺塞栓症は、いわゆるエコノミー症候群・
ロングフライト症候群として知られています。動脈血栓症は心筋梗塞や脳梗塞などがあります。

OCが適している女性・適さない女性

OCが適している女性・適さない女性イメージ

OCが適している女性

  • 健康な女性であれば、ほとんどの女性が服薬できる

OCが適さない女性

  • 以前経口避妊薬を服用して過敏症をおこしたことがある
  • 乳ガン、子宮内膜(しきゅうないまく)ガン、子宮頸(しきゅうけい)ガンおよびその疑いがある
  • 原因不明の性器出血がある
  • 血栓性静脈炎(けっせんせいじょうみゃくえん)、肺塞栓症(はいそくせんしょう)、脳血管障害(のうけっかんしょうがい)、冠動脈疾患(かんどうみゃくしっかん)にかかっている、またはこれらの病気にかかったことがある
  • 35歳以上で1日15本以上たばこを吸う
  • 閃輝暗点(せんきあんてん)、星型閃光(ほしがたせんこう)などの前兆がみられる片頭痛(へんずつう)がある
  • 肺高血圧症(はいこうけつあつしょう)または心房細動(しんぼうさいどう)のある心臓弁膜症(しんぞうべんまくしょう)、亜急性細菌性心内膜炎(あきゅうせいさいきんせいしんないまくえん)にかかったことがある心臓弁膜症(しんぞうべんまくしょう)である
  • 血管病変のある糖尿病にかかっている(糖尿病性腎症(とうにょうびょうせいじんしょう)、糖尿病性網膜症(とうにょうびょうせいもうまくしょう)など)
  • 血栓症素因(けっせんせいそいん)がある
  • 抗リン脂質抗体症候群(こうりんししつこうたいしょうこうぐん)である
  • 4週間以内に手術を予定している、手術後2週間以内、産後4週間以内、および長期間安静状態である
  • 重症の肝障害である
  • 肝腫瘍(かんしゅよう)がある
  • 脂質代謝異常(ししつたいしゃいじょう)である
  • 高血圧である(軽度の高血圧は除く)
  • 耳硬化症(じこうかしょう)である
  • 妊娠中に黄疸(おうだん)、持続性的なかゆみまたは妊娠ヘルペスの症状があらわれたことがある
  • 妊娠または妊娠している可能性がある
  • 授乳中である
  • 現在身長が伸びている

上記のような症状や状態の人はOCが服用できない場合があります。詳しくは医師に相談してください。

妊娠したくなったら?

OCの服用を止めると速やかに自然な月経周期が回復します。自然な月経周期が回復して排卵するようになると、妊娠が可能になります。OCの服用を中止してから通常3~4ヵ月までに生理が回復します。OC中止後すぐに妊娠したい場合でも、赤ちゃんへの影響はないといわれています。
OCは望まない妊娠を防ぐための方法であるだけでなく、望むときに妊娠するための方法でもあるのです。

回復率グラフ

バイエル薬品社内集計資料
(LNG三相性OCにおける第Ⅲ相臨床試験の集計結果. 1999)

OCと妊娠と赤ちゃんの関係

OCを飲んだからといって不妊になることはありません。OCを飲み続けているあいだ、OCの成分が体内に蓄積するということもありません。海外の調査からも、OCを飲んでいた人が、飲んでいない人と比較して不妊が増えたり、赤ちゃんの先天異常が増えたりすることはないと考えられています。

OCとガンの関係

OCを飲んでいる女性が乳ガンになる可能性は、飲んだことのない女性に比べてやや高くなる(10万人あたり34人といわれる発症の割合が42人に増加)との報告がありましたが、最近の報告では、乳ガンの発症率はOC服用の有無で差がないものともいわれています。また、子宮ガンは大きく分けて子宮体ガン(子宮内部にできるガン)と子宮頸ガン(子宮の入口にできるガン)があります。WHO(世界保健機構)は、OC服用は子宮体ガンになる可能性を減少させるが、子宮頸ガンとの関連性は明らかではないと報告しています。ガンは近年増加傾向にあり、ことに乳ガンが増加しています。乳ガンや子宮頸ガンは検診により早期発見が可能です。OCの服用に関わらず定期的に検診を受けましょう。

ページトップへ戻る