• 避妊のメカニズム
  • OCの服用方法
  • OCのメリットとデメリット
  • OCの疑問

OCによる避妊

OCとはOral Contraceptivesの略で低用量経口避妊薬または低用量ピルのことをいいます。OCには合成された卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)が含まれています。正しく服用することで効果の高い避妊ができます。

OCでの避妊を考えている、
みなさんの質問にお答えします。

q1

OCの効果はいつからあるの?

A1

OCは種類によって、①生理初日から飲み始めるものと②生理が始まった最初の日曜日から飲み始めるものがあります。①では飲み始めた日から避妊効果がありますが、②では1周期目に限って飲み始めの最初の1週間は他の避妊法(コンドーム等)を併用する必要があります。OCを正しく服用している限り避妊効果は続きます。

q2

1日でも飲み忘れたら効果はなくなるの?

A2

1回(1日)飲み忘れた場合、飲み忘れに気づいた時点で、できるだけ早く飲み忘れた分を服用し、その日の分も通常通り服用すれば(すなわちその日は2錠服用)避妊効果にはほとんど影響はありません。2日以上飲み忘れた場合は、医師に相談しましょう。

q3

長期に飲み続けても大丈夫?

A3

例えば20歳から40歳まで飲みつづけることも可能で、避妊が必要であれば服用期間に制限はありません。OCを飲んでいる間は、定期的に検診を受けることで自分のからだの状態を知り、より安心してOCを飲むことができます。

q4

毎日同じ時間に飲み続けられるか不安です。

A4

OCはできるだけ毎日同じ時間帯に飲むのが理想ですが、毎日きっちり同時刻に夕食をとることが少ないように、多少のずれについては問題ありません。既にOCを飲んでいる人は、携帯電話のアラームをセットしたり、毎日必ず行うこと(例えば食事、歯磨き、就寝など)の前後に習慣にしてしまうなど、飲み忘れないような工夫をしているようです。

q5

友だちからもらったOCを飲んでもいいの?

A2

OCにはいくつか種類があり、服用方法が異なるものもあります。また飲んではいけない人もいるので、きちんと診察を受け、医師に処方してもらったものを指示通り飲むようにしましょう。疑問や不安なことができた場合などでも、きちんと対応してもらうことができます。

q7

お酒を飲むことが多いけれど、OCに影響はない?

A7

特に問題はありませんが、お酒の飲みすぎで飲み忘れないようにしてください。また、吐いてしまいOCの成分が一緒に吐き出されてしまった時は、十分な避妊効果を得られなくなる場合がありますので、飲みすぎには十分注意をしましょう。

q8

OCを飲むと太る?

A8

日本で行われた低用量OCの臨床試験では、ほとんどの人が±2kgの範囲でした。これはOCを飲んでいない人の体重変動と大きな差はないといえるでしょう。OCを飲むと太るというのは、過去に使用されていたホルモン量が多い薬でいわれていたことで、現在使用されている低用量のOCでは、ほとんどの場合そのようなことはありません。

q6

タバコを吸っていたらOCは飲めないの?

A6

タバコを吸っている人がOCを飲むと、静脈血栓症、肺塞栓症、心筋梗塞、脳卒中などの副作用を起こすリスクを高めることが知られています。この リスクは喫煙本数が多くなればなるほど、また服用者の年齢が高くなればなるほど、高くなることが知られています。タバコを吸う習慣のある人がOCをまったく飲めないというわけではありませんが、もともとタバコのみでもこれらのリスクは高くなりますし、その他さまざまな悪影響があることが知られているので、できる限り禁煙もしくは喫煙量を減らすように努力しましょう。なお、35歳以上で1日15本以上タバコを吸う人は、OCを飲むことはできません。

q9

OCを飲んだら、その後の妊娠・出産や産まれた赤ちゃんに影響はないの?

A9

OCを飲みつづけている間、薬の成分が体内にどんどん蓄積するということはありません。海外の調査結果からも、OCを飲んでいなかった人と比較して不妊が増えたり、先天異常が増えたりすることはないと考えられています。

ページトップへ戻る