妊娠のしくみ

合体~

妊娠がわかれば
避妊がわかる

卵子と精子が出会い、その受精卵が子宮内膜(赤ちゃんのベッドになるところ)に着床すると妊娠の始まりです。でも、このような妊娠の過程は実際に目にすることができません。女性のカラダの中では、いったいどのようなことが起こっているのでしょうか?

妊娠のしくみ

妊娠のプロセス図

卵胞から排出(排卵)された卵子は卵管に取り込まれ、子宮の方へゆっくり移動します。射精された精子は子宮を通って卵管に進みます。卵子と精子がタイミングよく出会うと、受精が成立します。

次へ

受精卵はすぐに細胞分裂を始め、分裂をくり返しながら、卵管内から子宮へと移動します。

次へ

発育した受精卵が子宮内膜に着床すると妊娠の成立です。受精から着床までは約1週間かかるといわれています。

妊娠の兆候

妊娠すると、女性のカラダの機能や体調にいろいろな変化がおこります。下記のような妊娠の兆候があらわれたら、なるべく早く医師の診察を受けましょう。

もしかして…!?

  • 生理が止まる
  • 基礎体温の高温期が続く
  • つわりの症状があらわれる
  • 乳房が張る、乳首がちくちく痛む
  • 食べ物の好みが変わる
  • 全身がだるい、眠い     など

※ 他にもさまざまな症状があり、出かたには個人差があります。

ページトップへ戻る