ちゃんと知りたい男性のカラダ

力こぶができない

受精に挑む精子をつくる 男性のカラダの構造を知りつくせ~!!

男性の生殖器には、精子をつくり子宮内に送りこむ役割があります。外から見ることのできる外性器は陰茎(いんけい)と陰囊(いんのう)、カラダの中にある内性器は精液を送り出すためのさまざまな器官からなっています。精子は精巣でつくられ精管を通り、精嚢(せいのう)で蓄えられます。射精の時に精子は精液とともに尿道に送られ、勃起(ぼっき)した陰茎から射出されます。

男性の生殖器とその役割

男性の生殖器とその役割図

陰茎(いんけい)(ペニス)

陰茎(いんけい)は精液と尿の両方を体外に出す役割をかねています。腹壁につながった「陰茎根」、中間部の「陰茎体」、先端の円すい形をした「亀頭」からなっており、亀頭の先端には、精液と尿の放出口となる外尿道口があります。
陰茎体には勃起組織である2本1対の「陰茎海綿体」と1本の「尿道海綿体」があります。これらの海綿体の空間(洞)が血液で満たされると、陰茎は大きくなります。これが勃起(ぼっき)です。

精巣(睾丸)

精巣(睾丸)は精子や主要な男性ホルモンであるテストステロンをつくります。精巣は楕円形の球で左右の陰囊(いんのう)に1個ずつ入っており、その中には細長く曲がりくねった精細管がつまっています。精巣でつくられた精子は精巣上体に集められます。

精巣上体(副睾丸)

精巣上体(副睾丸)は長さ約6メートルのコイル状の管です。精巣上体に集められた精子は、ここで成熟し運動性を得て、受精可能な精子へと変わります。

精管

精管は精巣上体から精子を送る左右1対の丈夫な管です。精巣上体から伸びて前立腺の背部につながり、尿道に通じています。

精嚢(せいのう)

精嚢(せいのう)は精子の運動性を高める分泌液(精漿)をつくります。前立腺の上に位置する2つの袋で精管と合流して射精管を形成し、前立腺の内部を通って尿道につながっています。

前立腺

前立腺は膀胱の下に位置し、クリの実ような形をしています。精子の運動性を高める分泌物をつくり、精嚢(せいのう)からの分泌液とまざり合って精液の成分になります。精液の大部分はこの分泌液で射精時に精子はこの中に放出されます。

精子が作られるまで

精子は、視床下部、下垂体、精巣の働きによって作られます。

1

視床下部が性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)を分泌し、下垂体を刺激します。

次へ

2

刺激された下垂体は卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体形成ホルモン(LH)を分泌し、精巣に働きかけます。

次へ

3

LHとFSHが精巣に協力して働くことで精子がつくられます。

次へ

4

つくられた精子は、精細管から精巣上体に集められ、成熟します。

殿っお供いたしまする~

精子について

精子の長さは、約0.05~0.07mm、遺伝情報のDNAがつまった丸い頭部(核)、中間部、尾部からなっています。
1回に射精される精液の量は2mL以上、精液1mL中に精子は1億個程度存在することが多いのですが、この数値は変動が大きいようです。
精子の移動する速さは、運動速度の速い精子で1秒間に0.1mm程度。射精後、卵管に精子がたどり着くまでに1時間かからないといわれています。ですから、セックスの後にあわてて腟を洗いながしても、避妊効果がないことがわかると思います。

ページトップへ戻る